進歩し続ける治療法

遺伝子治療に注目してみました

技術の進展は早い

世の中に広まっている病気の多くには、遺伝子の影響があるものも多数見つかっています。遺伝病として知られるものは、その中でも際立ったものであり、遺伝的な疾患によって日常生活を行うのも難しい人もいるのが実情です。遺伝子治療はそういった人たちに対する治療への応用が期待されるだけではなく、誰もが関わるものになっていく可能性があります。
一般に知られている病気のかかりやすさについても、遺伝子の個人間での違いが影響している場合が見つけられてきています。そして、その病気の予防のために遺伝子治療を実施するということも、将来的には期待できる応用方法です。世の中でのあらゆる技術の進展は著しく早いことから、こういった技術が速やかに生み出されていくと過度に期待されてしまうこともあるでしょう。医療現場では治療の困難さに苦しむ患者が多く、その治療を遺伝子治療で実現して欲しいとせがまれることもよくあることです。そういった問題は、事実として治療法が確立されていない以上、実現できないと答えざるを得ないでしょう。しかし、むげにできないと答えてしまうのではなく、一度は調べてみるということが大切です。技術の進歩が著しいのは事実であり、1年や2年の間に新たなアプローチが生まれている可能性は否定できません。
自由診療であっても治療を受けたいという患者も多く、そういった患者に転院先を紹介することができれば、患者にも医療にも大きな貢献をすることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です